top of page

About us

宮崎モンスターズ(通称モンタ)は1974年に創設された長い歴史を持った軟式学童野球です。

基本的に宮崎町内会子ども会の野球チームとして活動していますが、町内会の区域とは関係なく近隣の小学校から選手が集まっています。

自分の通う小学校以外の子供達とも友達になれる環境は、子ども達にとってもいい刺激となっているようです。

現在、6年7名、5年5名 、4年10名、3年8名、2年3名、1年2名で活動しています。

令和6年4月の学年で記載しています。令和6年5月現在)

活動は宮崎台小学校のグラウンドと近隣の公園を中心に行っていますが、多摩川の河川敷などで練習することもあります。

チームは、6年生を中心とするAチームと、5年生以下のBチーム、そして試合には参加せず週に1度の活動を基本とするジュニアユースチームに分かれ、子ども達の体力や実力に合わせた指導を行っています。

宮崎モンスターズは宮前区少年野球連盟に所属しており、連盟の大会を中心に公式戦を行っていますが、外部の大会にも積極的に参加しています(【年間スケジュール】をご参照下さい)。

また、公式戦のない時期には練習試合を行うことで、子ども達の試合への出場機会を増やすと共に、子ども達の技術の向上に努めています。

おーい! 野球しようぜ!

今、世界は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19)の流行で大変な事態に直面しています。

そしてそれは大人の世界のみでなく、学校教育を含む子供たちの環境でも同様です。

小学校では密を避けるための様々な試みの実行や、また多くの行事が見送りになるなど感染の防止に精一杯の努力をして頂いています。

 

しかし、それは裏を返せば子供の集団活動の抑制という面がどうしても出てきます。

今は感染防止のためにそれは仕方のないことであり、それを批判するつもりはまったくありません。

むしろ子供の安全のために行っていただいている多くの努力には頭の下がる思いです。

しかしこの災難はおそらく永遠には続きません。

 

来るべき「コロナ後」の世界にも集団活動やチームワーク、友情といった概念は不必要なものとなるのでしょうか。

私たちはそうは思いません。

これらの点を補い、育成することこそが、私たち課外活動の大きな使命の一つであると考えています。

 

チームで一つの目標に向かって、全力で頑張る。

勝っても負けてもチームメートへの尊敬と友情の気持ちを忘れない。

5年後、10年後に振り返ったときにチームのみんなと笑顔で振り返ることのできるかけがえのない思い出。

まさに今の時代にこそ子供たちの健全な成長のためにこれらの経験が必要とされているのではないでしょうか。

私たち宮崎モンスターズには子供たちに必要なこれらのすべてが揃っています。

子供たちが将来も野球をやっているかどうかはわかりません。

 

でも将来、

「あの時、確かにオレらは野球をあんなに頑張ってたよな」、

「みんなであんなに頑張れたんだ、それに比べればこんな障害、何でもないよ」

子供たちがあとで振り返ったときにそう思ってもらえることこそが、私たちモンスターズの最大の願いです。

親として、子供たちの感染が心配なことはもちろんです。

そしてそれは私たちも同様です。

私たち宮崎モンスターズが所属している宮前区少年野球連盟は活動のための指針を制定しており、

私たちはその指針を遵守することはもちろん、

感染症の専門家による助言を適宜仰ぐことにより感染のリスクを最小限とするよう努力しています。

また、野球というスポーツは、ルール上、他の少年少女の主要なチームスポーツと比較して、

接触の機会が非常に限定されることが大きな特徴としてあげられます。

もちろん、感染のリスクをゼロにすることは不可能です。

しかし、私たち宮崎モンスターズは他チームや他の競技種目に比べて、どこよりもゼロに近づけるよう努力を重ねています。

最後に追加でもう一点。

この地域の特徴として中学受験を目指す子どもも多いことが挙げられます。

ここで一度「卒団生達の進路 」のページをご覧 ください。

私たち宮崎モンスターズは「文武両道」をモットーにしています。

入部の際に受験か野球かのどちらかを選択させるなどということは決してありません。

塾に通うために大好きな野球を諦める?

モンタでしたらそんな必要はありません。  

受験準備が本格化してくると、塾に通うためにチーム練習を早退する子もいますし、

各家庭の判断で休部する子ども達も出てきますが、そういう判断は各家庭の決断を尊重します。

もちろん休部中でも練習には自由に参加できます。

そして受験しない子どもは大好きな野球を思う存分続けて下さい。

12月には6年生は形式的に卒団しますが、卒団後も練習に参加する子ども達も大勢いますし、

空いた時間に練習に合流してくれるチームのOB/OGもたくさんいてくれています。

「野球大好き!」その思いを大事に育てることこそが私たち宮崎モンスターズの使命だと考えています。

 

(文責:2020年度 モンタ部長)

2011年以降、卒団後も野球を続けている先輩達の主な進路です。もちろん野球
以外のスポーツや勉強などで活躍している先輩も多数いますよ!

2011年卒 

  橫浜国大硬式野球部

  横浜市立大学医学部硬式野球部
2013年卒 

  横浜国立大硬式野球部

  東海大硬式野球部

  桐蔭横浜大硬式野球部
2014年卒

  桜美林大学硬式野球部

  明治大学準硬式野球部
2015年卒

  大和高校硬式野球部
2016年卒

  浅野中軟式野球部

   →浅野高校硬式野球部

    →一橋大学硬式野球部

  多摩高校硬式野球部

  慶應義塾高校軟式野球部

  法政二高軟式野球部、

  桐蔭学園高校軟式野球部

2017年卒 

  慶應義塾高校軟式野球部
2018年卒 

  緑ボーイズ

   →健大高崎高校硬式野球部

     →明治大学硬式野球部

  宮前平中野球部

  早大学院中野球部

  慶應義塾中等部野球部

   →慶應義塾高校硬式野球部

    →慶應義塾大学硬式野球部
2019年卒 

  橫浜北シニア2名

   →県立相模原硬式野球部

   →市ヶ尾高校公式野球部

  宮前平中野球部

   →大和高校硬式野球部

  宮崎中野球部

   →帝京第三高校硬式野球部

  中大橫浜中野球部

   →中大橫浜高校硬式野球部

2020年卒

  宮前平中野球部

   →國學院高校硬式野球部

  慶應義塾中等部野球部

   →慶應義塾高校硬式野球部

  東京都市大付属中硬式野球部

   →東京都市大付属高硬式野球部)

2021年卒

  宮前平中野球部

2022年卒

  宮前平中野球部

  宮前ドリームス

2023年卒

  宮前平中野球部

2024年卒

  川崎北リトルシニア3名

  狛江ボーイズ2名

  横浜青葉リトルシニア

  世田谷西リトルシニア

  宮前平中野球部

卒団生達の進路

過去の主な戦績

2024年度
  宮前区春季大会 準優勝
  全日本学童軟式野球大会川崎市予選(ベスト8)
  宮前区防犯大会 優勝(県大会出場決定)

2023年度

  宮前区春季大会優勝

  ライオンズ杯優勝(宮前区優勝チームが出場)

  全日本学童軟式野球大会川崎市予選ベスト8
  宮前区防犯大会準優勝(県大会出場決定)
  コントリビュート杯神奈川県大会準優勝

  フィールドフォース杯神奈川県大会出場

  横浜銀行杯ベスト8

  宮前区秋季大会準優勝

  川崎市軟式学童野球大会ベスト4


2022年度

  防犯大会4位(県大会出場決定)
  秋季大会決勝トーナメント進出

       新人戦優勝(新チーム)


2021年度

  春季大会準優勝

  全日本学童軟式野球大会川崎市予選出場

  ジャビットカップ宮前区大会第3位

  宮前区子ども会連合会少年野球大会第3位


2020年度

  春季大会準優勝

  ジャビットカップ宮前区大会準優勝

  宮前区U5大会準優勝

  ジャビットカップチャンピオン大会ベスト8

​  新人戦準優勝


​2019年度

  春季大会第3位

  春季大会Bチーム優勝

  防犯大会第3位

  防犯大会Bチーム優勝

  リスト杯神奈川県大会出場

  関東学童秋期大会川崎市予選準優勝

  関東学童秋期大会神奈川県大会ベスト8

  オレンジボール大会準優勝

  新人戦準優勝

2018年度

  ジャビットカップ準優勝

  防犯大会第3位

  専修大学杯神奈川県大会出場

  低学年大会優勝

  若獅子旗争奪低学年大会東京大会優勝


2016年度

  春季大会準優勝

  全日本学童軟式野球大会川崎市予選出場

  子ども会連合会大会Bチーム準優勝

  秋季大会準優勝

  川崎市学童軟式野球大会出場

  オレンジボール大会優勝


2017年度

  春季大会第3位

  全日本学童軟式野球大会川崎市予選出場

  防犯大会第3位

  専修大学杯神奈川県大会出場

  低学年大会準優勝

  オレンジボール大会準優勝

bottom of page